野球で長打力のある最強打者を育てる方法
野球で打率3割台をたたき出し、飛距離をぐんぐん伸ばす練習法・指導法の秘訣を知れば、あなたも長打力のあるヒットを安定して放ちホームランを連発できる強打者になれる!

少年野球から社会人野球まで、打率が大幅にアップしたスラッガーを続々と誕生させた方法は、
たった7つのポイントを押さえ、7日間しっかりと練習するだけで簡単に最強打者になれるのです。

詳細はこちらをクリック


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦安キングスター(千葉) 第5回優勝チーム


浦安キングスター(千葉)は千葉県代表として、昭和60年に開催された第5回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会に参加し、みごと優勝を果たした強豪少年野球チームです。
浦安キングスター(千葉)は、千葉県浦安市南小学校をホームグランドにしている強豪軟式少年野球チームです。マクドナルド杯優勝のほか、数多くの県大会、全国大会に出場して高成績をあげています。

浦安キングスター(千葉)は1部チーム(5、6年生) 3部チーム(4年生以下)に分かれていて、現在部員は30人ほどです。
「元気野球」をモットーに、たのしい野球で精神力、体力の向上を目ざしています。それが浦安キングスターです。


ところで、似たような話はいくらでもあるとは思うんですけど、阿部、17日は欠場へ「肉離れになると長引くし、慎重はいろいろと参考にすることができますね。13日の横浜戦で右ふくらはぎを打撲した巨人の阿部慎之助捕手(31)が、17日の中日戦(ナゴヤ)を欠場する可能性が高いことが16日、分かった。「歩くのはもう大丈夫だけど、走るのはまだやっていないから分からない。無理をして肉離れになってしまうと長引くし、慎重にやりたい」と現状を説明した。守備の際、横浜・内川のファウルが直撃して痛めた右ふくらはぎ。診断結果は打撲で14、15日の横浜戦はベンチ入りせず治療に専念。痛めてからこの日で3日が経過したが、「少しずつは良くなっているけど。筋肉が固まっているから、少しずつほぐしていかないといけない」。まだ先発マスクをかぶれるほどの手応えを感じてはいない。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100816-00000244-sph-base
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。